スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

教育費用

学資保険(こども保険)


教育費用


学資保険(こども保険)に加入する最大の目的はなんといっても教育費用の捻出です。
では、実際にこどもの教育費っていくらくらいかかるのか?
実際にかかる費用を計算してみました。


教育費と言っても、ご家庭によって中学までの義務教育で十分と考えたり
今時は、高校までは行かせたいとか、それどころか常識的に
大学までは絶対に必要だとか分かれてしまうと思います。

いろいろな環境が予想されますが、学資保険を考えるくらいのご家庭ということを想定しここでは、子どもが大学進学するまでにかかる費用を計算しました。これが分かっていると貯蓄計画も立てやすいですね。

だいたいの教育費の見積もりは把握しておく必要があります。大学の教育費は学資保険だけで補完しきれるものでもありません。なぜならば大学によって学費は雲泥の差がありますし、同じ大学であっても医学部のように学部によっても雲泥の差があるからです。そこで学資保険を利用したうえでいくらぐらい必要になるのかを参考にしてください。


幼稚園から全て国公立⇒1345万円

大学から私立の場合⇒プラス100万〜200万円

全て私立の場合⇒2000万円以上

私立の医学部だと大学だけでも3000万円





学資保険(こども保険)
| 学資保険 | comments(0) | trackbacks(8) |

学資保険を使う理由 2

学資保険を使う理由 2



学資保険子供保険)はとても便利な面もあり、金融商品・兼・保険商品として優れた商品なのですが、必ず入らなければいけないものでもありません。むしろ、事情によっては要らないこともありますので、将来の教育資金を用意するための選択肢のひとつにすぎません。



とにかく、学資保険・子供保険は親にもしものときがあった場合の安心を買えるものだと思っておくべ保険商品だと思います。









学資保険
| 学資保険 | comments(0) | trackbacks(1) |

学資保険を使う理由 1

学資保険を使う理由 1

学資保険子供保険)というのは、最大の理由は教育資金を用意するためにあるものです。



子どもを大学へ行かせるためには、高額な(何百万円というくらいの)資金が必要になります。これだけのお金をいざ大学進学のときに急に用意するのはなかなか難しいものです。



そこで、あらかじめ大学進学のときに資金を用意できるように、積み立てのプランに加入しておくと良いのです。なかでも子どもの教育資金用に用意された保険が、この学資保険なのです。







学資保険
| 学資保険 | comments(0) | trackbacks(1) |

学資保険(こども保険)の短所

学資保険(こども保険)の短所


学資保険こども保険には長所もある一方で、固有の問題点もあります。短所とか問題点と言うと語弊があるかもしれませんが、やはり利用する側の環境によって価値が高い・低いということは現実にあります。利用するかどうかは、これらを見た上で魅力的かどうかを考える必要があります。


学資保険の短所について

利回りの低さと、元本割れの可能性もあること
・学資保険(こども保険)の受け取れるお金は、(現在の低金利時代においては特に)支払った合計額よりも少し多いくらいが一般的です。ですので、投資利回りとしてはとても低いものになり、魅力的なものではありません。また、会社のプランによっては元本割れ(支払ったお金よりも少なくなる)が起こるものもあります。

インフレに弱く、教育費などの増加に影響を受ける
・学資保険(こども保険)で受け取れる分の金額は契約したときに既に決まってしまいますから、将来のインフレや教育費(学費)の増加で打撃を受ける可能性があります。



学資保険
| 学資保険 | comments(0) | trackbacks(1) |

学資保険(こども保険)の長所 2

学資保険(こども保険)の長所 2



親が万が一のときに保険料が免除される
・親に万が一のこと(死亡事故や病気など)が起きて保険料を支払えなくなった場合に、残りの保険料の支払いが免除され、払わなくてもよくなります。(それでも契約した分の保険金は、満期などで普通に受け取ることができます)


子供に万が一のことが起こった場合でも保険金が受け取れる

・子供が満期までに死亡したり万が一のことが起こった場合には「死亡保険金」を受け取ることができます。


解約返戻金がある
・解約返戻金とは、保険を途中で解約したときに受け取れるお金のことです。会社のプランによって金額の大小は変わりますが、支払った分を解約すればいつでも取り戻せるというのは便利です。


契約者貸付という制度を利用できる
・これは前述の解約返戻金の一定の割合で貸し付けをする制度のことで、いざとなったら利用できます。いきなりまとまったお金が必要になったりしたときにとても便利ですね。




学資保険
| 学資保険 | comments(0) | trackbacks(11) |
<new | top | old>




ブログ内検索
管理者
LINKS
dot dot
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>