スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

学資保険の必要性 3

学資保険の必要性 3



将来かかるであろう子どもの教育費を捻出する方法として資産運用という方法では、株式・債券・不動産投資など金融商品で運用してお金を用意する方法も当然あります。

近年では低金利無利息時代が長期にわたり続いているわけですから、いわゆる投資をするということですね。ただしこれはあくまでも投資であり投資であるからにはその性質上、元本割れなどのリスクも伴います。(債券は全くありませんけど)

自己責任の面も出てきますので、信頼できる投資信託で運用するということも考えられますが、やはりリスクというものはついてきますしリスクが極端に低い投資商品は当然ながら金利や利益はそれにともなうだけのものとなってしまいます。

ですから、学資保険(こども保険)はあくまでいろんな選択肢のひとつとして考えた方がいいでしょう。




学資保険
| 学資保険の必要性 | comments(0) | trackbacks(6) |

学資保険の必要性 2

学資保険の必要性 2




学資保険の必要性を考えた場合、終身保険など親が死亡保障のついた別の生命保険に加入していれば、わざわざ学資保険(こども保険)に入らなくても基本的には問題はありません。
また、保育園・幼稚園や小学校などで団体の保険を行っていることもあり、こども共済で代用することもできます。


自分でお金を貯める(用意する)のが苦痛でなくて、なおかつ別の生命保険に既に入っている場合は学資保険(こども保険)に加入する必要はないのでは、と思います。

もちろん、その場合には別の生命保険の保障内容が子どもが大きくなった場合の学費や生活費がまかなえるだけのものがあるというのが必要条件になってくるのは言うまでもありません。



学資保険
| 学資保険の必要性 | comments(0) | trackbacks(6) |

学資保険の必要性 1

学資保険の必要性 1


学資保険についてよくいわれるのが、「学資保険(こども保険)って本当に必要なの?」ということです。
結論からいえば、他の方法で代用することも充分できます。
教育資金を捻出するのに、なにも学資保険(こども保険)にこだわらなくても良いわけですから。


では、実際に別の方法で代用する場合にはどうすればいいのかをここでは検証していきたいと思います。



すぐに思いつくのが、お金を普通に貯めて学資資金を用意するというものです。もちろん将来の子どもの学資や学業にかかるお金を貯めるという意味では別にこれでもいいのですが、この場合は「親に万が一のことがあって働けなくなったときにどうするのか?」を考える必要がありますね。
この点が、単純にお金を貯めるということと、学資保険を使って貯めるとの大きな違いになってくるわけです。



学資保険
| 学資保険の必要性 | comments(0) | trackbacks(1) |




ブログ内検索
管理者
LINKS
dot dot
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>